マイナンバーで求められている安全管理措置

2016年1月より、行政手続きの効率化を目的としてマイナンバーの運用が始まりました。
社員さんの個人情報を含め、1名でも従業員の方がいらっしゃればすべての企業でマイナンバーへの対策が必要です。


対応にはセキュリィティ対策と、厳格な運用が求められ、マイナンバーの扱いを誤った企業に対しては、重い罰則もありますので、十分な準備が必要です。


マイナンバーで求められている区分は大きく4つの安全管理措置に分類されます。


マイナンバーで求められている区分は大きく4つの安全管理措置に分類されます。

4つの安全管理措置のうち2項目を講じられるベストパックをご提供しております。

IT分野における2つの安全管理措置

物理的安全管理措置
マイナンバー取扱い機器を特定し、取扱い担当者を特定する。
■パソコンごとにID・パスワードを振り分け、権限をつける。
■サーバー本体を盗まれないように、鍵をかけたりワイヤー等で固定する。
■ハードディスクが1つ壊れても、すぐに復旧できる体制。
■誰が、いつ、どのファイルを、何をした?のログを残す。

物理的安全管理措置

技術的安全管理措置
外部からの不正アクセス等の防止と報漏えい等の防止措置の整備
■ウィルスソフトだけでは防ぎきれない外部からのサーバー攻撃をブロックし、内部からの情報流出をブロック。
■身代金要求型ウィルス、時限爆弾型ウィルスにも抑止し、なりすまし・不正送金を防止
■ハードディスク自体が暗号化されるなど、情報漏えいのリスクを軽減できるか
■誰が、いつ、どのファイルを、何をした?のログを残す。

技術的安全管理措置

リモートメンテナンスによる安心な体制

アクセス権限の設定や1時間前のファイルに復旧させることなどでお困りの場合は、お客様に承諾のうえで、ほとんどの対応がリモートメンテナンスにより、対応が可能です。