UTM情報セキュリィティ対策を強化する2つの要素

ウイルス対策ソフトだけでは、インターネットセキュリィティは不十分です。
「情報漏えい」「不正アクセス」「なりすまし」「改ざん」あなたの会社のパソコンや、貴重な情報を脅かす脅威は、今も増え続けています。


  1. Windows updateや、PDF等のソフトのアップデートを常に最新の状態に保ってくれるアンチウィルス対策ソフト(エンドポイントセキュリィティ)
  2. 社内のネットワークを可視化(見える化)し、外部からの脅威・内部からの脅威を共に防いでくれるファイアウォール・アンチウィルス・アンチスパム・WEBフィルタリング・迷惑メール機能を統合されたセキュリィティ機器UTM

セキュリティ機能を統合的に一元化

パターンマッチングだけではない2つの機能

一般のウイルス対策ソフトでは、過去のウイルス特徴を定義した「パターンファイル」と照合して、ウイルスかどうか判定するパターンマッチングだけですが、まだ誰も見たことがない新種のウイルスをどれだけ検知できるか?が強さの秘訣になります。


ベストプランナー合同会社が取り扱う情報セキュリィティ機器のUTMや、アンチウィルス対策ソフト(エンドポイントセキュリィティ)は、


  1. 「パターンファイル」を使わずに、プログラムの構造や動作(ふるまい)を解析することで、ウィルスかどうかを判定する「ヒューリスティック検知」機能
    (例:見た目はwordだが、実はexeファイルのプログラムだった・・・ということを防ぐ)
  2. 仮想環境内で、不審なプログラムをあえて動作させることで、ウィルスかどうかを判定する「サンドボックス」機能

リモートメンテナンスによる安心な体制

届くべきメールが届かなかったり、ダウンロードできなくなったりなどでお困りの場合は、お客様に承諾のうえで、ほとんどの対応がリモートメンテナンスにより、対応が可能です。