期待を超える人を増やす l 平田社長ブログ

IT導入補助金のフロント業務のコミュニケーション機能

今回のIT導入補助金では、

フロント業務

ミドル業務

バックオフィス業務

の3つの業務に対して横断されて組み合わされていることが求められております。

フロント業務は、4つのコア機能に分かれておりますので、この記事では『コミュニケーション機能』について、実際にどのようなシステムのことを指しているのか?想定される実例を挙げてみます。

 

■主なシステム例

・顧客台帳やカルテ等

お客様の趣味や家族構成などの情報を共有し、何度も同じことをお聞きしないようにする。急な担当者の退社に対しても何を対応していたか?応対履歴があることで引き継ぎも容易になる

 

 

・メルマガ配信やブログ構築

お客様へ新商品のご案内や、こだわりの一品の理由をお伝えできる場づくり。お客様との接触頻度も増え、「ついで買い」や「そういえば」と御社を思い出すきっかけになります。

 

 

・社内SNSや社内連絡網(グループウェア)

お客様を喜ばせるのは誰か?それは御社で一生懸命働いている社員さんです。社員さん同士のコミュニケーションが希薄だとお客様に対する思いも希薄になりやすいと思います。

社内連絡を活性化させるツール。

情報を一元管理できるツールとお考え下さい。

グループウェアとは組織の内部でのスケジュールやタスクなどの共有やコミュニケーションを
目的としたソフトウェアのことです。

グループウェアの機能の例としては、
社内SNSや電子メール、スケジュール管理、ドキュメント共有、ワークフロー、勤怠管理、
テレビ会議といったものが挙げられます。

 

 

・お客様とのチャットサポート(オンライン誘導)

パソコンや保険をネットで選んでいた時に、「チャットで相談」って出て来たことありませんか?リアルタイムで不明点が解決されることで購買意欲が高まり、御社に対する信頼性も高まります。

 

東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、神奈川県で、
IT導入補助金フロント業務のコミュニケーション機能をお考えの方は、ITベンダー(IT導入支援事業者)のベストプランナー合同会社へご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です