期待を超える人を増やす l 平田社長ブログ

IT導入補助金のミドル業務 原価管理・業務管理

今回のIT導入補助金では、

フロント業務

ミドル業務

バックオフィス業務

 

の3つの業務に対して横断されて組み合わされていることが求められております。

 

ミドル業務は、4つのコア機能に分かれておりますので、この記事では『原価管理・業務管理機能』について、実際にどのようなシステムのことを指しているのか?想定される実例を挙げてみます。

 

■主なシステム例

・売上/原価/利益管理機能

売上や原価や利益の管理をシステム化させ、インターネットで見れるようにしませんか?という提案です。もちろん、ログインするにはID・パスワードで管理され、一般の方には公開されません。

ご要望に応じて、カテゴリーごとの集計や、セグメント別の集計など

『経営分析』に活用したい!というニーズにもカスタマイズできますのでお答えできます。

 

・在庫管理機能

在庫状況をマネジメントし、棚卸業務を楽にしませんか?(実棚調整機能も付けられます)

在庫状況が自社のみならず取引先に公開することで、安心感が違います。

同業他社との差別化を検討されている方は、あえて普段見えないものを「公開する」勇気を持つことで、他社との差別化が図れ、自社の強み・弱みがより明確になることでしょう。(もちろん社内限定にできます)

 

・工程管理(業務管理)システム

現場の人員配置や、現場の工程管理するシステムです。

ホワイトボードに張ったり書いている情報を、ネットで見れるようにしませんか?という提案です。

今までは事務所に電話して、事務員さんに口頭で聞いて確認していたため、特に休日等では確認できなかったものが、自分のスマホで見ることができます。介護の現場では、ご家族に本日のスケジュールを公開し、どうだったか?結果報告をすることもいいかもしれません。

・施設管理システム

防犯カメラを、外出先でもライブで監視できるようにするシステムです。

従来の防犯カメラシステムですと、手元のモニターで見ることが当たり前でした。
現在は自分のパソコンはもちろん、スマートフォンで確認することができる時代です。
画質も4Kに近づいているおかげで鮮明に映し出され、オンラインのライブ映像も便利ですが、昨日や1ヶ月前の映像もスマートフォンやタブレットで確認することができます。
東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、神奈川県で、
IT導入補助金のミドル業務の原価管理・業務管理機能をお考えの方は、
ITベンダー(IT導入支援事業者)のベストプランナー合同会社へご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です