期待を超える人を増やす l 平田社長ブログ

着信課金は初期費用を抑える徴収手法

着信課金とは

一般的に『通話料金』を『着信者が全て負担』するフリーダイヤル

「0120」「0800」「0070」「0077」「0088」のような電話番号で始まり、

着信を受信した側(着信者側)が通話料金を負担するサービスを想像される

ケースが主であると思います。

 

電話を発信した側(利用者)には電話料金が発生しなくなることから、
企業等が利用者からの電話を受け付けしやすくするために主に利用されていると思います。

※着信課金サービス提供側の利用制限により、遠方(対象エリア外)からの電話着信や、

携帯電話からの発信には、あえて着信しないように設定している場合もあるので注意書きには

注目しておくとよいと思います。

 

ベストプランナー合同会社では、着信者が利用料を支払うサービス体系に着目し、

通話料金は従来通りであるが、初期費用を抑えるための徴収手法として

ビジネスモデル特許第6061410号の認定を受けたCTI顧客管理システム『サンクスター』

を2016年3月7日よりサービス提供開始している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です